今流行りのクラウドサービスとは

オリジナル見出し01

最近クラウドサービスといった言葉を聞くようになりましたが、どのような事をしてくれるものなのでしょうか。



簡単にクラウドサービスの事を説明しますと、インターネットを通じてさまざまなサービスをしてくれる事になります。



例えばパソコン上にデータを保存していた場合に、それが欲しい場合はパソコン同士を通信で繋げて送受信しなければなりませんでしたが、データをパソコンではなくインターネット上のサーバーに保存して、違うパソコンからサーバー上のデータを受信できるのです。



このようにパソコンのハードディスクではなく、インターネットのサーバーに写真や映像や資料などのデータを送信して保存して、他のパソコンから受信できるサービスとなっているのです。



またクラウドサービスには個人間ではなく、プライベートクラウドといって企業やグループでサーバー上のデータやシステムを共有する事も可能で仕事の効率もアップできます。



不特定多数のユーザーなどとデータを共有するのがパブリッククラウドと呼び、オンラインストレージやwebメールなどもこれにあたります。



何故クラウドサービスが最近人気になっているかと言いますと、パソコンが壊れてもデータが無くならず、他のパソコンからも閲覧ができ、パソコンの容量や能力を気にしないで良いというメリットがあるからです。



大切なファイルが消えてしまうといった事故を防ぐ事も可能なので、インターネット社会である今に欠かせないサービスとなっているのです。



関連リンク

  • タイトル21

    ネットワークを図で表す時に頻繁に利用されるクラウド(雲)を語源とし、情報やデータをネットワーク上からどこでもアクセスできる環境、利用するスタイルをクラウドコンピューティングと言います。それを利用したサービスがクラウドサービスです。...

  • タイトル22

    クラウドサービスの市場は拡大と進歩を続けています。データストレージとしての使い方が一般的だったクラウドサービスですが、クラウド上のサーバーの立ち上げや各種ソフトウェアの開発により、初期コストを抑えて運用を始める、一時的に負荷が増大する、処理するデータが増大することが予想される際には、期間を区切って処理能力や使用可能容量を増やす等柔軟性が高くなっているのです。...