クラウドサービスによるメリット

オリジナル見出し01

クラウドサービスとは、従来手元のコンピュータに導入していたソフトウェアやデータなどをインターネットを経由して、利用者に提供するサービスです。



利用者側が最低限のコンピュータや携帯端末などの環境を用意することによって、どの端末からでも様々なサービスを利用することができます。



コンピュータ上に写真や音楽ファイル、仕事の資料などを容量の大きいものでも保存ができるようになっており、まとめたデータなどをサイトやメールなどで相手に知らせることによって共有することができます。



また、インターネットに繋げるだけで見ることができるため、外出先でも携帯端末やノートパソコンなどのインターネットにアクセスできる環境があればいつでも利用する事ができます。



クラウドサービスは、無料で使えることが多く、専用ソフトを必要としないため導入するときに費用があまりかからないということもメリットとなっています。



クラウドサービスのサービス内容は様々で、電子メールやグループウェア、顧客管理、財務会計などのソフトウェア機能提供を行うサービスやインターネットを経由しての仮想化されたアプリケーションサーバ、データベースなどのプラットフォーム機能、デスクトップ仮想化や共有ディスクなどのハードウェアやインフラ機能の提供など幅広いサービスが行われています。



クラウドサービスは、情報資産を管理する方法として休息に普及されており、利用する場合には十分に情報セキュリティ対策が行われているサービスを利用する事が重要です。





関連リンク

  • タイトル21

    クラウドサービスとは、従来手元のコンピュータに導入していたソフトウェアやデータなどをインターネットを経由して、利用者に提供するサービスです。利用者側が最低限のコンピュータや携帯端末などの環境を用意することによって、どの端末からでも様々なサービスを利用することができます。...

  • タイトル22

    最近クラウドサービスといった言葉を聞くようになりましたが、どのような事をしてくれるものなのでしょうか。簡単にクラウドサービスの事を説明しますと、インターネットを通じてさまざまなサービスをしてくれる事になります。...