クラウドサービスの拡大と進化

オリジナル見出し01

クラウドサービスの市場は拡大と進歩を続けています。



データストレージとしての使い方が一般的だったクラウドサービスですが、クラウド上のサーバーの立ち上げや各種ソフトウェアの開発により、初期コストを抑えて運用を始める、一時的に負荷が増大する、処理するデータが増大することが予想される際には、期間を区切って処理能力や使用可能容量を増やす等柔軟性が高くなっているのです。



また、サーバーやストレージの維持管理、保守費用、人件費を削減することにもつながり、運用コストの面でもメリットが多くあります。



クラウドと言う仮想データの中で繋がっているため、パスワードやアドレスさえわかればどこからでもアクセスできることも特徴です。



もちろん、防犯上、セキュリティの向上を図る為に特定の端末でしかアクセスできなくする、二重三重の認証方式を登録するなど、自衛をするための技術を導入することもできます。



文章作成ソフト等もクラウドサービスで提供され、一括のライセンス料を払う事で使用可能な物や、無料の物も増えています。



また、一般的に出回るセキュリティソフトもクラウド上で動作させ、パソコンのスペックにほとんど頼らずに処理を行うものが主流となっており、世界中からリアルタイムで蓄積されるウィルス情報や更新プログラムにより常に進歩を続けています。



業務をクラウド経由で外注するクラウドソーシングサービスも増えており、働き方の多様化に合わせて今後も市場は拡大していくことが見込まれています。



関連リンク

  • タイトル21

    クラウドサービスとは、従来手元のコンピュータに導入していたソフトウェアやデータなどをインターネットを経由して、利用者に提供するサービスです。利用者側が最低限のコンピュータや携帯端末などの環境を用意することによって、どの端末からでも様々なサービスを利用することができます。...

  • タイトル22

    クラウドサービスの市場は拡大と進歩を続けています。データストレージとしての使い方が一般的だったクラウドサービスですが、クラウド上のサーバーの立ち上げや各種ソフトウェアの開発により、初期コストを抑えて運用を始める、一時的に負荷が増大する、処理するデータが増大することが予想される際には、期間を区切って処理能力や使用可能容量を増やす等柔軟性が高くなっているのです。...